Be9df49022d165aabf37976f259edc6e?1346380902
gingamom's cooking☆見る 思う 料理する☆

もちとうもろこしと福耳唐辛子 

2021/09/27 10:55 昼ごはん お菓子 お酒・おつまみ お買い物 家族

もちとうもろこし✩パープル


お初にお目にかかったのは八月。そりゃ買いますよ。

加熱して一粒一粒スプーンで粒をはずして、どれどれと味見。



わっ、もっちもち。

もち麦みたいなむっちり食味。

何にしようかと考える。

やっぱり和食じゃない気がする、スパイスをたっぷり使った料理だね

そう決めて冷凍した。

今年も福耳唐辛子が並んでいる。


二、三年前に買って酷い目に遭った・・・っていうとオーバーだけど、中辛とはいっても万願寺唐辛子の仲間じゃんとローストして一口食べたら、辛いのなんの、これ、青唐辛子じゃん!

以後買わず。

でもでも!今年はちょっと待てよと考えた。

これって青唐辛子よりマイルドなジャンボ青唐辛子だと考えたらいいんじゃなかろうか?

いろんなカレーとかインド料理のミルチ カ サラン~青唐辛子のカレーとか、韓国料理に使えばいいんだ、福耳クンは。

ごめん、福耳クン。

もちとうもろこしライスを炊いて、おおまさりと福耳唐辛子のビーフ・ドライキーマを作った。カレーリーフを使って南インドカレー風


ココナッツミルクと粒マスタード、インデラカレー粉使いの簡単バージョン。

カレーリーフを使うだけで一気に南インド風になるから、ハーブってすごい!



いや、イケます、イケてます。即興で作ったにしては上出来。

ライブの熱さ、感じます!

落花生のキーマってありです。福耳クンも一致協力。

ライスは冷凍していたコーンともちとうもろこし、バスマティライスと胚芽米、オリーブオイルで炊いた。

・しし唐辛子グリル ・胡瓜 ・パープルシャドーのマッシュ

・蕪とミニトマト~とうがらし酢をかけて ・ゆでたまご

翌々日も似たようなスパイシーランチ@うち


ライスは同じ。南米を意識したランチプレート。

どこが?っていうと、ポークロース肉をモホポーク仕立てにしたことと大正金時をサルサ・ロハの辛いヤツで煮て、マッシュしたところですね。

福耳クンはローストして添える。



・福耳クン&パプリカのロースト ・かぶマリネ ・モホポーク&レモン

・大正金時マッシュ ・タコのマリネ ・ライス

トッピングのフレッシュハーブがあるのとないのとじゃ、かなり違う。

買うよりぜったい鉢植え栽培がお薦めよ。

外食しなくても満ちたりたランチ@うちです。

夫の体調も完全復活して、いつもの食生活。何より嬉しい。

せっせと冷凍常備食作り✩ハラペーニョをローストして自己流サルサ・ロハ


おいしいトマトがあるうちに冷凍作りおき。

完熟トマト4個とハラペーニョ3本。玉ねぎ、セロリ、にんにく、オレガノ

マジョラム、クミンシード、スモークドパプリカ、塩、素精糖少々

ハラペーニョはローストして使う。

材料を煮詰めたらペーストにして、キューブ冷凍。

はちわれファームの紫蘇の実も塩をまぶして冷凍 



山形県鶴岡市の農家民宿「知憩軒」で教えてもらった大切なレシピです。

https://gingamom2015-11-scenicphoto.cookpad-blog.jp/articles/386150

今年も仕込みましたの「唐辛子醤油麹」 何年もかかってできた我が家の味


ひと月経ったら、ハンドブレンダーで細かくする。

一年寝かす。おやすみなさい…zzz


娘からの Costco みやげ✩


左:「人気商品らしいよ」唐辛子ツナ缶

中:ハムレット ベルギー産 クリスピーチョコレート(毎回購入してる)

右:「おかあさん絶対好きよね。久しぶりでしょ、このクマはちみつ。オーガニックだし」。よくわかっとるやん。クマおやじと目が合い照れ笑い。

気になるのが唐辛子ツナの中身 パカ~ン


原材料を見て ”じゃがいも” というのがよくわからなかったんだけど、こういうことだったのね。

辛味ツナ缶ではなくて、じゃが芋入りのツナのトマト唐辛子煮のおかず缶。

ツナはフレイクじゃなくてごろんと大きめ、粉唐辛子とトマトペーストの割合がとてもいい。

パンに合うわ、これ。



バゲットにのせてミックスチーズをトッピングしてトースト。九条葱も飾って、ほらね、合うわ。

原材料を調べたから、今度メバチマグロで作ってみよう。

新小芋で芋煮を作った。


牛肉、長葱、九条葱、こんにゃく、里芋、舞茸、霜降りひらたけ。

鰹昆布出汁、醤油、味醂、酒、塩で調味。

ああ、材料が相互協力して出来た芋煮の、なんと滋味なることよ。

酒は白鷹「秋あがり」 ひやおろし 特別純米酒


〈年に一度、この時季にしか味わえない『灘の生一本 秋あがり』

冬に搾った新酒を火入れ瓶詰してひと夏の間寝かせた所謂「一ッ火」、酸が程よく穏やかになり、整った旨味とのバランスがよい美酒。

円熟味が増してまろやかになった口当たりに加え、飲み終わった後でも

口の奥に残り続けるコクとほのかな香りが特徴のお酒〉なのです。


かんぱちは、いただき物の長門ゆずきちをぎゅっとしぼって食べる。

芋煮にもぎゅっとひとしぼり。

まろやかな酸味で味わいが引き締まる。



秋ならではの美酒と刺身と芋煮。あやめ雪かぶのサラダ。

これだけで十分。

コスモス 秋桜 九月の桜




やっぱり百恵ちゃんの歌、ついつい口ずさんじゃう。

初秋のひまわり


焼けつくような真夏の太陽に堂々と向かって咲いているのが向日葵。

そういうイメージなんだけど、どうやら最近は秋から初冬に咲く向日葵というのが増えている?

冬のひまわり鑑賞ツァーなんてのもあるぐらいで、初秋から本格的な秋にならんとする今まさに咲き誇るひまわりです。


秋空にすくっと伸びる向日葵 ビタミンカラーでふりまく エナジー はい キャッチ


マーシャルボンボンさん。ほんとに作ってよかった!大活躍です

レシピありがとうございます。



クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください