B9ab3948e2827126298e7089f48e7b95
gingamom's cooking☆見る 思う 料理する☆

달고나커피 ダルゴナコーヒー! 二日遅れの土用丑の日とモロヘイヤお味噌汁

2020/07/29 14:06 昼ごはん 晩ごはん お菓子 お酒・おつまみ テーブルウェア イベント 趣味

달고나커피 ダルゴナコーヒーを作ってみた。ハマる予感・・・☆

ダルゴナコーヒー?韓国のコーヒー?

知ったのは4月だったか?

すぐにネット検索、ほほぉ、韓国で流行って、今SNSで大人気なのね。

ダルゴナって何?と調べてみたら「カルメ焼き」と出た。

(文頭のダの濁音はかるく発音、タとダの中間の静かな発音でどうぞ)

カルメ焼きコピね。なるほど。


ネット検索して、見つけた youtube.

これが「カルメ焼きコピ~ダルゴナコーヒー」と名付けられた記念すべき番組ですか!

https://www.youtube.com/watch?v=rIpvOdIsN1o

実に面白い。必見。


マカオの飲食店でアイスコーヒー(手打珈琲)を注文する韓国の俳優チョン・イル。そのVTRを見ながら盛り上がるスタジオトーク。

いやぁ~いいわぁ、この雰囲気。

コーヒーカップに入れたインスタントコーヒーの粉と砂糖と水が、おじさん(実は社長サン)が400回かき混ぜるうちに、どんどん変化していくその様子に、スタジオ中、大興奮。

「コピがダルゴナになった!」

「世紀末(1990年代)に好きだった昔のコピ(コーヒー)!私たちのね」

「思い出(追憶)の味!」

コーヒーを一口飲んだチョン・イルの瞳が実にカワユイ。

「ほんっとに!おいしい!」がストレートに私にも伝わる。

小学校に通っていたころ、学校の前に出ていた露店の思い出を語る彼。

食べ物にまつわる追憶は、人を無邪気にさせる。

マカオでは、そこに水と氷を入れてアイスコーヒーにしちゃうのだけれど、今大流行のダルゴナコーヒーは、牛乳にトッピングしたところがすごい!

私まで、懐かしいコピのことを思い出しちゃったじゃない。

初めて韓国を訪れたのは1986年。そのころソウルの一流ホテルでも、コーヒーを注文すると、インスタントコーヒーだった記憶。

「コーヒー注文すると、コーヒーの瓶もいっしょに持ってくるのよね」

「それは、このコーヒーは大豆とかの代用コーヒーじゃなくて、ちゃんとネスカフェのコーヒーですよという意味があるんだよ」と、韓国ウォッチャーの友人氏たちが教えてくれたっけ。

そんな思い出深いコピだもの、ちゃんと向き合って作ろうじゃないのと、インスタントコーヒーを買いに行った。

ダルゴナになるまで泡立てて、決して牛乳にコーヒーが滲まないように作る。


大匙2杯分の粉コーヒーだからと、ハンドミキサーを出さなかったのがマチガイで、小さな泡だて器で、ひたすら混ぜる、混ぜる、混ぜる。400回以上。

ペットボトルやビニール袋に入れて振るというレシピもあるのね。

https://www.youtube.com/watch?v=WZtAvX_c9cg

苦労して泡立てたダルゴナをトッピングして、ダルゴナコピの出来上がり。

甘っ!でもクセになるこの味!

コーヒーのビターさと泡立ててまろやかになった砂糖(私は素精糖使用)が、冷たい牛乳に少しずつ馴染んでいき、夏にぴったりのドリンクとなる。

ハマったわ。

土用の丑の日はバタバタしていて忙しかったから、その二日後に鰻重満喫☆

頂き物の超特大サイズの四万十うなぎ蒲焼きで、鰻重☆


週一の休肝日の晩ごはんのつもりが、あらあら、夫、日本酒を持ってきた。

ならばせっかくだから、山形県の名酒「銀 住吉」を飲めば?



それはいいね。



でも、品数は少ないけど、まっ鰻重にも酒は合うか。



これがいい酒で、モロッコ隠元のきんぴらにも、茄子の塩もみの酢生姜和えにも、もちろん鰻重にも合う!

料理を引き立て、お酒自体も決して負けない。

「いよっ!いぶし銀!」

上品で水の如しの純米酒ではなくて、ガツンと渋い特別純米酒。

樽の香りなのか?この香りがいい。


鰻重にはモロヘイヤお味噌汁。というのが我が家の決まり。

栄養学的にもそれは正しい献立だと、夫も私も、娘たちも思っている。

夏の嬉しい一品がモロヘイヤお味噌汁で、夏中、お味噌汁はほとんどモロヘイヤお味噌汁となる我が家の夏ごはん☆


前夜の残り物や作り置きで、緑色の夏ごはん。ゴーヤに柚子胡椒というのも私の拘り。

ああ、元気出るわ。

https://cookpad.com/user_kondates/209941

あじさい送り☆をした。


あじさいの花をすべて切ってあちこちに飾って、また来年咲いてねと、あじさいを労い、送る。



二日続けて、ダルゴナコピを作ってしまった・・・。

それもミニ泡立て器で、腕が痛くなるほど長時間ひたすら泡立てて。



大きめのグラスに氷を入れて、牛乳200mlを注ぎ、インスタントコーヒーの粉大匙1+素精糖大匙1+ぬるま湯大匙1をしっかり泡立てて、静かにトッピング。

大きくゆっくりと混ぜて、ああ、ほんっとにおいしいわ。

(ちなみに私はカフェインレスコーヒー使用)

https://www.youtube.com/watch?v=4P7jwW7Y4hQ

次の日の10時のおやつにも作る。


さすがに今度はハンドミキサーで労なく泡立てた。これが一番楽だわ。

夫のおやつ。

「これ、今流行ってるらしいダルゴナコーヒーよ」

「ほっほう、ダルゴナとはどういう意味ね?」

「韓国語でカルメ焼き。カルメ焼きの色と味に似ているかららしい」

「うん、おいしい。カルメラってすごく簡単に出来るんだ。子どものころ、家で作っていたけど、お玉でぱぱっとできるんだ」と夫。

懐かし話で盛り上がった、まだ梅雨が明けない、7月もそろそろ終わろうとするころ。


m a r i ♪さん。もうこの夏何回作ったかしら?レシピありがとうございます。




クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください