Be9df49022d165aabf37976f259edc6e?1346380902
gingamom's cooking☆見る 思う 料理する☆

シチリア料理とキューバミントとアナベル

2020/06/19 13:40 昼ごはん お菓子 作りおき テーブルウェア 趣味 家族

2018年秋以来続くシチリア料理への憧れ☆

2018年秋。山形県鶴岡市でいただいたシチリア料理が、今でも懐かしい。

https://gingamom2015-11-scenicphoto.cookpad-blog.jp/articles/385665

「庄内野菜と魚介のシチリア食堂 ベッダ シチリア」の前菜プレートのアグロドルチェが絶品で、もちろんどれも文句なしの美味しさだったのだけれど、コツは「赤ワインビネガーを使うこと」と教えてもらい、しかし、私はもうビネガーはあまり増やさないと決めていたので、赤ワイン+りんご酢か葡萄酢を使って何度か作ってはみたものの、満足できる味とはいかず。

本やネットで調べても今一つぴんとくるレシピに出会えず。

やっと出会えたレシピで作ってみたら、これよ!これだわの味。

赤ワインとバルサミコ酢のW使いにして、こだわりの砂糖使い☆


カソナードはないから種子島原糖と椰子糖少々で代用。

こういうふうにしっかり甘酸っぱくなきゃいけなかったのねと納得。

多めに作り置き☆翌日ワンプレートランチにも添えてみた。

冷凍塩鯖フィレを使った紫バジル炒めでガパオごはん☆


うちごはんなんだから、好きなもの、盛りつけちゃいます、いいのいいの。

ビストロの take out パテもあれば、糠漬けもあり。なんか楽しいじゃない?

https://cookpad.com/user_kondates/208292

冷凍していたビストロの take out 牛すじカレー、最後の一袋☆これにも添えてみた。


通常営業となったので、おそらく take out カレーはおしまいかな?

そろそろうちでちゃんとカレー作ろう。

(作っていたのはカレー粉+スパイス使用のドライカレーばっかり)

・スティックブロッコリーのエチュベ(オイルソテーの後、蒸し煮)

・いろいろ野菜ラペ ・胡瓜と紫キャベツ糠漬け

カレーにはパープルラッセルバジルをたくさん加える。

あっ、この甘酸っぱさ、やっぱりこのカレーには合う!

せっかくだから簡単シチリア料理も作ってみた。


コピーしていたシチリア料理のレシピを少しアレンジして作ったスパゲッティーニ。

ひしこ鰯は生がないので、オイルサーディンを使い、ミニトマトはなんちゃってセミドライトマトで、フレッシュハーブはフェンネル、紫バジル、オレガノを加える。

赤玉葱、ペコリーノロマーノ、パスタは全粒粉スパゲッティーニ。

ぱぱっと簡単で満足パスタ!

ぜったい再訪したいベッダ シチリア。いつかは行きたいシチリア。

(ベッダ シチリア 古門シェフのインタビュー記事↯)

https://oising.jp/interview-bedda_sicilia/

フレッシュハーブがわさわさ育つ季節☆キューバミントが一段と元気☆


「イエルバ・ブエナ」と言ったって、そりゃあわからんだろう。

と思っていたら、最近は「キューバミント」と言っているのね。そのほうがわかりやすいでしょ。

とにかく強い香りのミントで、切ってグラスに生けておくと、どんどん根が伸びるから、鉢に植えて、トモダチにプレゼントしている。

https://gingamom2015-11-scenicphoto.cookpad-blog.jp/articles/392349


モスキートだけじゃないよ、ミントティーにも使えます。


紅茶じゃなくてルイボスティーで作るミントティー。

エジプトで飲んでいたミントティーの淹れ方で。

エジプトでは(1990年代)アイスティーなんていうものはなかったなぁ。最高級ホテルのカフェでもアイスティーはなく、「いや、いいからグラスに氷いっぱい入れてきてください。それからそこに熱い紅茶注いでください」とオーダーしていた。

だけどおしゃべりしながら、本を読みながら、熱いお茶が冷めるのを待っていただく。そんな時間の流れ方って、あの国らしくてよかったとも思う。

アナベルが咲くころに飾るプレート☆


ローゼンタール MALMAISON 金彩アナベル プレート (1898~1906年製)



今年は「和栗のモンブラン」をこのプレートでいただいた。



アナベルではなくて、ウェディングドレス(紫陽花)をバックに。



雨が止んだら、あの公園でアナベルに会おう。


まだまださほど湿度は高くない六月。

シチリアーノのメロディーに浸る。

2006年ごろから、更年期と母をなくしたりとかのストレスが重なり、重くはなかったものの、聴覚過敏症でした。

自分の話す声が耳で反響したり、食器を重ねたりする時の音も反響、不快な音には心がざわつく・・・耳元で蝉が鳴く音が響く、といった症状でした。大学病院の耳鼻科でも異常なし、「実は私も同様の症状なんですよ、原因は神のみぞ知る」とドクターはおっしゃる。異常はないのだから薬も飲まず。

音楽があまり聴けなかったのが、今年に入ってから、気が付くとほとんど症状が治まっていました。

また心揺さぶられる音楽を楽しむことができるようになりました。

シチリアーノはフルートを習っていた次女の練習曲だったので、バッハとフォーレのシチリアーノがやはり好きです。伴奏して練習に付き合っていた懐かしい思い出が蘇ります。

Ottorino Respighi - Antiche danze et arie per liuto, Suite No.3 (complete)    レスピーギ - リュートのための古風な舞曲とアリア 第3組曲 

Felix Froschhammer - Konzertmeister

Stadttheater Lindau - 27. Mai 2014

(シチリアーノ演奏は9:40から)

https://www.youtube.com/watch?v=dNfXPgSN5v8

Ottorino Respighi - Antiche danze et arie per liuto, Suite No.3 (complete)    レスピーギ - リュートのための古風な舞曲とアリア 第3組曲  

指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン ベルリンフィルハーモニー管弦楽団 

1973年

3 シチリアーナ(作曲者不詳) Andantino ハ短調 

(シチリアーノ演奏は12:00から)

https://www.youtube.com/watch?v=xR0mX2YY9OM

Bach : Siciliano  from: Flute Sonata No.2 in E flat major, BWV1031

ヴィルヘルム・ケンプ(ピアノ)

1953年3月

https://www.youtube.com/watch?v=pbDiW8iI2KU

オーレル・ニコレ(フルート)バッハの夕べ/小林 道夫(チェンバロ)/藤原 真理(チェロ)

1985年3月20日

(シチリアーノ演奏は23:35から)

https://www.youtube.com/watch?v=Fe8OVz_xvGw

Gabriel Faure: Sicilienne Op.78 

Patrick Gallois (フルート)

Orchestre Du Festival De Musique De Chambre De Paris : VERSAILLES CONCERT 1986

https://www.youtube.com/watch?v=MUj7NgFHYB0


「赤玉ネギのアグリドルチェシチリア風」のレシピを up してくださった Yokchina さん。

わがままを聞いていただき、ほんとうにありがとうございました。

とっても大切なレシピとなりました。



クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください