B9ab3948e2827126298e7089f48e7b95
gingamom's cooking☆見る 思う 料理する☆

北海道日高 銀聖いくら醤油漬けで女子会

2018/10/19 23:33 晩ごはん テーブルウェア 子ども

この年になって初めて知ることの多いことといったら・・・。「銀聖」というブランド鮭もそのひとつ。


「銀聖」は、北海道日高沖の定置網で生きたまま漁獲された日高産銀毛鮭。

 日高山脈を流れる清流を母として育ち、 3~5年北太平洋を索餌回遊して、オキアミなどで蓄えた天然の脂と身色をもつ鮭で、 身は淡いサーモンピンク、脂はしっとりとした旨みを持っているブランド鮭なのだそうです。

その「銀聖」の生筋子を泉銀(魚屋)で買いました。ほんとにきれいだわぁと泉銀のみんなとうっとり見つめ、それから大切に持って帰ったのでした。

ついでに銀聖の尾の切り身も買う。150円!尾の身って美味しいのよね。



夜。晩ご飯の片づけを済ませてから、昆布と純米酒、味醂、本醸造醤油、塩で漬け込みダレを作る。薄口醤油を使うほうがいくらの色は鮮やかだろうけれど、如何せん余計な物が添加された薄口醤油しか売ってないので、今年も常備してある本醸造醤油に塩を足して、作る。

いくら醤油漬けを作って就寝。

木曜日。夕方6時過ぎから久々の女子会。女子会といっても女友だちとじゃない。長女と10&7歳孫娘、私の四人の女子会です。


夫はまだ帰宅する時間じゃないので、女四人で一足早く晩ご飯。

今日は「銀聖」に敬意を表して、赤いブリッジランナーと江戸後期と明治の伊万里の器などで華やかな女子会。

長女はもちろん、孫sも思った通り大喜び。もうこういう和のよさがわかる年齢になったのよね。


伊万里色絵の力発揮。特別豪華じゃない普段のおかずも、なんだかご馳走に見えちゃうのですよね。

銀聖の尾は塩焼きに。ほぐして鮭いくら丼にしようかなと思ったけれど、いやいやいくらはいくら丼で味わおう。 塩焼きはふっくら細やかな身でまろやか。



孫s大好物を用意しておきました。チーズたっぷりの卵焼き。ほらね、美味しーーーい!という声が聞こえてきたわ。



昨夜ゆでておいたブロッコリーと、ちゃちゃっとノンオイルで炒めた小松菜の和え物。ちょこっと盛って、おかわりOK.



やっぱり大好物「紅天使」の茶巾しぼり。低脂肪牛乳と塩だけ。

7歳ガールはおかわり3回。



これもでしょ?林檎とアボカド、生ハムのサラダ。あらら、ちょっと少なすぎたわね。



人参の炒め物。7歳ガールはこれに目がない!わしわし笑顔で食べてくれるから私も嬉しいのよ。


孫s、姿勢を正して、銀聖いくら醤油漬け丼、いただきま~す!

新潟コシヒカリの新米に合いますね。ごはんの艶といくらの艶の共演。お米の粒といくらの粒の饗宴。

皮は薄く、まったり美味。夫と長女夫クンを入れて6人で一腹だから、思ったより一人分のいくらの量が少なくて、ごはんを覆うほどいくらをのせられなくて残念だったけれど、いくら女子会、大盛会でした。

大人用の茶碗、7歳にはちょっと大きすぎたかな?



すべて完食した10歳ガール。「ばあば、アボカドと林檎と生ハムサラダ、まだ残ってる?残ってたらほしいな」「あら、ごめん。もうないのよ。ばあばの分、二人でわけていいよ」と私。「やったー!」。「ばあば、生ハムもう一枚食べていい?」「だめ!! 塩分摂りすぎ!」と長女と私、却下。食後のスイーツはなかったけれど、温かいルイボスティー飲んで、ちょうど帰ってきた夫の車で送り届けて、女子会はお開きになったのでした。

「こんな風に古い時代のお皿に盛り付けると美味しそうに見えるでしょ?憶えておいてね」とさり気なく孫sに「すりこみ」をした私でした。



孫娘たちよ。あと何年かしたら、若い女子の感性で、素敵な女子会開催しておくれ。ばあばは密かに望んでいるよ。

「銀聖」という名前と赤い色と粋な江戸・明治の色絵の器。きっと憶えていることでしょう。




クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください