B9ab3948e2827126298e7089f48e7b95
gingamom's cooking☆見る 思う 料理する☆

66 Red

2018/10/01 14:10 昼ごはん お菓子 テーブルウェア イベント 趣味

66 ロクジュウロク いいねいいね☆嬉しいです。還暦じゃないのに Red 気分☆

9月末。接近中の台風24号はまたまた最大規模の台風だそうで、前回もそういっていたのに、更新されまくりの天変地異の2018年。ベランダで鮮やかに咲いているゼラニウム、台風に揺さぶられる前に全部切って飾ったら ”Red” な気分になったというわけです。無事にひとつ年を重ねることができ、翌々日66歳のお茶の時間。


赤いカットグラスにはLEDキャンドルライト、テーブルには赤いブリッジランナーを敷き、ころんと可愛い小さなグラスはウォーターグラスにして、漆の菓子皿も朱。Red red red !!!

お茶菓子は "空也"  遅い午後だったのでお茶はルイボスティー。

三女のいただきもののおすそ分け。空也もなか、久しぶりです。どれどれ一口。わぁ、やっぱり丁寧に練って作られた餡は上品で奥深い甘さ。最中の皮がほのかに香ばしい。人気のお菓子の地位を保ち続けているのも納得の逸品。



http://www.wagashi.or.jp/tokyo_link/shop/0337.htm

日にちは前後しますが、今年の誕生日は用事があったので次女宅で迎えました。夕方、Asterisque のケーキでお祝い☆

「ホールケーキがいい?」「ううん、ショートケーキをいろいろ買ってシェアするのがいい」。

ここのケーキって芸術! 新作のケーキがシックでエレガント!

名前は聞いたけど、覚えられないわ。

(アガパンサス~フロマージュブランとブルーベリーのプティガトー)



生クリームが好きじゃない4歳ガールにはマカロン。だけどケーキを見たら、「わぁ~☆どれもすっごくきれいでかわいい。はやくたべてみたい」と言う。そして無言で真剣な顔してケーキを一口ずつ味わってみた4歳G。おもむろに「やっぱりすきじゃない。ぜんぶすきじゃない味だった。すっごくかわいいのにぃ」。

4歳のキミはチョコレートケーキが一番好き。それとマカロン!まだまだ幼子。

大人たちは当然、うっとりしながらケーキを味わったのでした。ケーキってなんて人を幸せにするのかしらね、とか話しながらね。

http://www.asterisque-izumi.com/about/shop/index.html

翌日。次女の奢りで二人でゆったり emuN でランチ☆


3月以来。二回目の今回も絵画のような美しい一皿一皿に、手を込めた丁寧で繊細な料理が供され、やっぱりオーナーシェフがきちんと料理してくださるレストランは好きだなと思ったのでした。次々と席が埋まり、忙しいにもかかわらず、お店を後にするときにはエレベーター前まで見送りに来て下さる笹嶋シェフのその誠実さに頭が下がる思いでした。

https://emun2010.gorp.jp/

(次女のスマホを借りて写すつもりでカメラを持って行かなかったら、次女はスマホ持っていずで、私のガラケー撮影。残念な写真)

↓ 前回の emuN のブログ記事です。こちらの写真のほうが emuN の魅力が伝えられるかな?

https://gingamom2015-11-scenicphoto.cookpad-blog.jp/articles/321589

9月30日に関東地方に接近しはじめた台風24号は、翌10月1日深夜2時から3時にかけて千葉県に最も接近。3.11以来の怖くて眠れない夜でした。建物が小刻みに揺れ、建具がきしむ。遠ざかるのを祈るように夫と待ちながら、遠ざかり始めたことを確認して眠りについたのでした。台風一過の朝。絵具を何色か水に溶かしたような透明感のまるでない東京湾を大型船が行き交っている。

私の 器 note "Red"

赤いガラスの器って、和洋の食事にもおやつにもアクセントカラーになるので重宝します。

左から~ iittala Kastehelmi ボウル  アンティークカットグラス(カイロの骨董屋で購入。詳細はわからず) iittala Maribowl  フランス製ヴィンテージグラス(1950年代)

日本の漆器の意匠って、どうしてこんなに粋なのでしょうか。千鳥と松の意匠四様。菓子皿にコースターにと使い勝手のよい大きさの漆器。


10月になりました。

これからも日々の暮し、愉しみますわよ。


クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください