B9ab3948e2827126298e7089f48e7b95
gingamom's cooking☆見る 思う 料理する☆

明治伊万里色絵とフュージョンランチとハイビスカス

2018/08/02 14:50 昼ごはん テーブルウェア 趣味 家族

私の 器 note  

写真左上はミャンマーのバガン漆器。それから時計回りに伊万里色絵なます皿、小皿、四寸皿。バガン漆器以外はどれも明治時代の器です。折しも今年は明治元年から数えて満150年。明治のひとは想像できなかったであろうフュージョン料理を盛りつけてみようかしらと思い立ち・・・


メインはタイ料理。レッドカレーペーストを使った料理は私のオリジナルだから、タイ風料理と言っておこう。夏らしくズッキーニを使う。


ありゃりゃ、レッドカレーペーストの買い置きがないわ、じゃあグリーンカレーペースト使おうっと。

ジャスミンライスはまとめて炊いて冷凍してある。

サラダはタイ料理のサラダを作ろうと決めている。


夏だもん、焼き茄子でしょ。ヤムマクワでしょ。

茄子は5本まとめて焼いておけば作り置きになる。

挽き肉はカレーペースト炒めにたくさん使うから、ヤムマクワには桜海老だけ、挽き肉抜き。くし型に切ったゆで卵も合うけれど、ミモザ飾りにする。


スパイスを使った料理もあると嬉しいので、玉蜀黍でクミンが香るバターコーンをちゃちゃっと作る。

最近の夜の仕事は玉蜀黍の粒をはずしておくこと。1本買うと結構な量あるのよね。クミンは乾煎りして粗くつぶして、ガラムマサラといっしょに振る。

タイカレーペーストにもクミンは使われているので、もちろんタイ料理に合う一品。


あと一品。枝豆にするかほかの料理にするか。ベランダのフェンネルの花を使いたいから、キャロットラペだわね。


オレンジジュースと冷凍ラズベリーのジュースがすごくすごく合ったのです。

明治のひともビックリ!のフュージョンランチで、嗚呼、佳き時代、平成。

https://cookpad.com/user_kondates/181573

翌日のお昼。残り物やらなんやらで、前日と同じ明治時代の器を使ってランチ。


花火大会で夫がもらった団扇がいいのですよね。夜空を背景に打ち上げ花火の図!

パタパタ扇ぎ、夏の昼ごはん。

・モロヘイヤのお味噌汁 ・もずく ・枝豆 ・人参と胡瓜の糠漬け 

・海苔入りだし巻 ・岩手の乾燥大根の煮物(煮干しだしで)

・焼き茄子とトマト、大葉、ベビーケールの黒胡麻和えサラダ ・胚芽米



ミント、オレガノ、フェンネルの花と数珠珊瑚の花は黒いグラスに入れ直して、気分転換。可愛い花がなくてもどうにかテーブルフラワーは飾れちゃう。


食後。そうだわとカメラを持って夏花めぐり。ハイビスカス!

1メートルはあるだろうハイビスカスが夏の太陽を浴びて何輪も花開く。華やぐ夏です。


夕方にはしぼんじゃうんだよね。

ハイビスカスっていうとハワイアン歌手の日野てる子サンを思い出すシニアです。ストレートの長い黒髪にハイビスカスを一輪飾って歌うその姿、異国チックだったわぁ。ハワイアン昭和ロマン歌謡ともいえる”夏の想い出”口ずさんだ子どもの頃。まだまだハワイは遠い遠い国だったころの想い出話。

https://www.youtube.com/watch?v=8NmsH4GuJ_U

夏の日の想い出。楽しい想い出、心に残る想い出作りとなりますように・・・。

ブランディさん、素敵なレシピありがとうございました。




クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください