B9ab3948e2827126298e7089f48e7b95
gingamom's cooking☆見る 思う 料理する☆

ジャカランダの花と待ち時間と飲茶

2018/06/22 00:06 昼ごはん 旅行・お出かけ 趣味

花が咲くのを待つ。ジャカランダの花咲くころ。

5月末から時々木の下を通っては花はまだかと待っていて、その後しばらく忙しくて見に来れなかった。

18日の月曜日。あっそうだと見に来て、思わず歓声!それはそれは見事!

あっカメラ持ってくればよかったな。水曜日に写真撮りに来よう。が、20日水曜日は生憎の雨。雨できっとジャカランダの花はダメになっちゃっただろうなと心配しながら21日に来てみたら、まだまだ健気に花が咲いている。

しばらく見とれながら、ジャカランダの花に酔う。日本で、それも関東でジャカランダの花を見ることが出来る幸せに酔う。


父の日。今年も届くかしらと待っていたのよ、実は。

長女から届いた毎年恒例のよなよなエール 父の日ギフトで、娘たち、孫たちとの土曜日(16日)の晩ご飯が華やいだ。



でもでも、インドの青鬼と水曜日のネコは急いで飲んだりしないでね。それに合う料理作るから。


三女のサプライズで父の日のケーキもいただいた。苦み走った珈琲味の大人ケーキだわ。髭チョコは3歳どうぞ。満面の笑み。

日曜日の父の日。次女ファミリー&三女母子とでTDLへ☆

大体だね、ゆっくり朝ご飯を食べてから11時頃に着くというのが間違いだ。

すごい人混み。「まずはファストパス取りに行こう」って?もうファストパスは終了。ポップコーンもチュロスもなにもかも買うのに一時間待ち?!もちろんレストランもアトラクションもすごい待ち時間・・・。

3歳は人混みに疲れて、遠くからパレード見て、船乗っただけで「おうちに帰りたい」となり、早々に退園。

「みんな本気で来てるんだから、昼前に行ったんじゃそりゃ無理」と三女。

後日3歳にまたディズニーに行きたいかと訊いたら「みんなはいきたい?だってたいへんだったでしょ?どうしてあんなにひとがたくさんいたの?」と、もう行かなくていい宣言。

「いくら夢の世界でも、スナック買うのに一時間並ばなきゃいけないわ、アトラクションもショーも見れないんじゃ満足度0%!」と言い放つ次女。まっ優待券で来たんだからいいんじゃない?遠くからパレードのミッキー見て、ビッグスターのオーラにキャーキャー叫んで、それでよしとしよう。


やっとディズニー疲れが抜けた水曜日。

次女宅に泊まりに行っていた私に飲茶LOVEな次女が言う。「ねぇねぇ、行くとしたら今日しかない!行こうよ」とさして飲茶LOVEではない私を誘う。

うーーーーーん、じゃあいいけど。すぐに電車に乗って日比谷へ急いだ。雨だしそんなに並ばなくてもいいよねという予測は実に甘かった。

日比谷シャンテ10時45分着。

す、すごい人!だけどこれぐらいなら30分待ちで入店できるよね。



んなわけなかった・・・。入店待ちの行列はお店の正面だけじゃなく、最後尾はこの3倍の長さの列の後ろ。嘘でしょ!傘をさして10分少し並んでいたら開店。



少し列が進む。そこにマネージャーらしき方が現れ、入店まで(私たちは)三時間待っていただくことになると仰る。まじっすか。ほんと、まじっすかですよ。

ありえへんと列を離れた。だけど離れたのは数人もいなかった!まじっすか?

”世界一安いミシュランレストラン”と称される香港で人気の点心専門店☆

TimHoWan 添好運

香港・ニューヨーク・ホノルルに次ぎ、今年4月東京にオープンしたばかり、予約ができないので連日大行列。

香港の広東料理店 ”龍景軒(ロン キン ヒン)” の点心師を勤めたシェフが独立してオープンした点心専門店は香港でも大人気らしい。龍景軒だったらそりゃ美味しいでしょうよと並ぶ気になったのに、あら残念。

http://timhowan.jp/


テイクアウトできるベイクド チャーシューパオを買って食べてみて美味しかったら、今度は10時前に来て並ぶわと次女。

全く並ばずにベイクド チャーシューパオを買って、どれどれと頬張った。

「んんんんん~~っおいっしぃいいい!」と悶絶。メロンパンみたいなカリっもちっふわっな悶絶甘いパオの皮に、絶妙な味付けのチャーシュー餡が包まれていて、こりゃ並んで飲茶食べに来るっきゃないわと次女。9歳孫娘用にも買ってランチをしに東銀座へ移動。


開店時間ジャストにダルマ・サーガラへ入店、いつものミールスを味わった。このお店は初めての次女もスパイシーワールド満喫☆窓から見える雨の築地本願寺もいいね。だけどベイクド チャーシューパオのインパクトには完全に負けだわ。


銀河プラザ岩手に寄って、次女とバイバイまたね。

9歳ガールを学童に迎えに行き、習い事が終わるのが7時半だから、習い事へ行く前にうちで軽く食事をさせる。


「きょうはばあば、すごく美味しいベイクド チャーシューパオ買ってきたよ。きっと大好きだよ」


オープントースターでかるく温めてから、さぁどうぞとサーブ。あっ中の写真撮っておこうと半分にカット。(だけどカットして食べると美味しさ⤵)

パッケージに2時間以内にお召し上がりくださいと書いてはあるけれど、すでに5時間半経過。仕方ないさ。(出来立てを味わうのがベスト!時間が経つほど味が落ちる。肉の臭みもでてきます!)


「わぁ、お・い・し・い~~っ」と9歳G☆しかし2分後「ばあば、中の具がなんか茸の味がしてねちゃっとしていて好きじゃない」と言う。

じゃあ半分だけは食べてね、たまごサンドと野菜の料理作るから。あらまぁ、残念ね。

習い事が終わって夫の車で送り届けるときに、車の中で9歳Gが訊いてきた。

「ばあば、夕ご飯のベイクド チャーシューパオ、どこで買ったの?」

「日比谷だよ、日比谷シャンテにあるお店」と私。

「ロン キン ヒン(龍景軒)のと同じ味だった」と9歳Gが言う。ええええ~~っ!とびっくりしたのなんの。

メロンパンみたいな皮で、中の具は好きな味じゃなかったから、具はママたちに食べてもらったのだと、一年前に行った香港の龍景軒で食べた点心コースのことを話してくれた。

次女夫婦と私が「香港行くならぜったい龍景軒でランチしたほうがいいよ」と長女に言い、大人はコース料理にして、孫sは点心コースを頼み、それでしっかりと味を覚えていたというわけ。それにしてもよく店名まで覚えていたものだと感心。

「そのお店ね、龍景軒で点心作っていたシェフが香港に新しくお店作って、東京にもできたばかりのお店だよ!」というと「えええーーーっ!そうなんだぁ!」と9歳Gもびっくり。

駄菓子もチープな料理もインスタントラーメンも大好きだけど、子どもって大人が想像する以上に六感を働かせていろいろな経験を心に刻んでいる。きちんと向き合わなきゃと思ったワタシ。


もう何年もジャカランダの木を見ている。まだまだ花なんて咲かなくてひょろひょろだったころも知っている。南半球で生育するこの木が日本のこの地に植えられ、環境も違う土地で、やっと花を咲かせるようになった。だけどその年の天候によってたくさん咲く年もあればそうじゃない年だってある。

大きな自然の力に人も植物も、生き物すべてが翻弄される・・・。

大阪北部地震で命を落とされた方々のご冥福を祈ります。

阪神大震災を経験したであろう地域の行政が、どうしてあんな杜撰なコンクリート塀を学校の通路脇に設置したのか、そしてその危険性を誰も指摘しなかったことに強い憤りを感じています。

ご遺族やまわりの方々の悲しみはどんなに深いものか・・・。

ご冥福をお祈りします。


クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください