B9ab3948e2827126298e7089f48e7b95
gingamom's cooking☆見る 思う 料理する☆

日々ハーブ&スパ活☆ポークハンバーグ、プルドポーク

2018/05/26 22:58 昼ごはん お菓子 パン テーブルウェア 趣味 家族

ハーブが好き、スパイス大好き。だからうちのごはんはこうなる。

スパ活といっても何も特別な入手困難なスパイスばかりじゃない。糠床には鷹の爪、フリーズドライの実山椒。実山椒は立派な和スパイス。

毎年実山椒は下処理をして冷凍しているけれど、このぶどう山椒のフリーズドライ実山椒は香り・味とも冷凍実山椒を上回っているね。愛用します宣言。


パテを焼く予定で豚ひき肉を買ったのだけれど、ばたばたしていて、あっポーク100%ハンバーグ焼こう!となり、デッカイのを4個作った。翌日のブランチは残りのポークハンバーグ。

これもスパ活。ハンバーグには私はナツメグじゃなくてゴリゴリ挽きたてのオールスパイスを使い、あと黒胡椒もたっぷり。それとドライマジョラムとドライセージを使った。ソースは夫喜ぶ特製簡単まぜまぜスパイシーなトマケチャウスターソース。ガラムマサラ、五香粉、マジョラム、オレガノ、パプリカ、レッドペッパー、黒胡椒をぱぱぱと振り入れて作る。フライや先日の三女作の揚げ肉団子にもよく合った。

これだけでかなりのハーブ&スパ活となる。でもそんなに特別なハーブやスパイスを使っているわけじゃない。

15㎝スキレットがハンバーグ定食っぽくて、夫も私も大満足。夫はごはんは卵かけごはん。


移り変わる季節の中で、ビオラの花姿が乱れ気味。ひょろひょろのビオラをえいやっと抜いた。抜いたら咲いているお花は飾って、長い間咲いてくれてありがとねと労う。

某日。ケーキでお茶をした。三女が「ねねね、買っちゃった~。エシレバター50%使用のケーキだよ。ミゼラブル。お茶しよう」とお土産を持ってやってきた。


必ず室温に少し戻してからいただくこと。エシレバタークリームの美味しさを十分に味わうため。

どれどれ、いただきます。粉糖がかなり甘いです。エシレバタークリームはふんわりまろやか。

ミゼラブルはベルギーの伝統菓子らしい。スポンジではなくてダックワーズ生地にカスタードクリームかバタークリームをはさみ、粉糖をたっぷり振りかけて仕上げるケーキで、昔カスタードクリームを作るときに牛乳ではなくて水を使ったことからミゼラブル(惨め)という名前が付けられたんだって。

この生地が好きかというと・・・どうでしょうか・・・ダックワーズは好きだけれど、ケーキだと湿ってしまっているからねぇ。

「一回食べてみたかったのよ。これで安心しました」と三女。高級ケーキ、ごちそう様でした。

ちなみにコーヒーを切らしていたこともあり、ルイボスとバラとセージのお茶。



今度、エシレバターと讃岐和三宝のお干菓子をいっしょに食べてみようかしら。最高のマリアージュになると思う。

http://www.kataoka.com/echire/

初夏ともなるとしゅわ~~~っと炭酸ドリンク飲みたくなるのよね。

凍らせておいたジンジャーエールの素にウィルキンソン炭酸水を注いで、しゅわわわぁ~☆爽やか☆


ジンジャーエールに合うランチも、もちろんハーブ&スパ活ごはん☆

プルド ポークと野菜を直径32㎝皿にちょこちょこ沢山盛り付けたランチです。

・2種類の人参でキャロットラペ(ジュニパーベリービネガー使用) ・酢玉ねぎ ・空豆のパルミジャーノレッジャーノ和え ・イエローパプリカ ・サニーレタスとミニトマトのサラダ(フルーティーマヨドレで) ・ラディッシュと人参、胡瓜の糠漬け(3~4時間のあっさり漬け) ・半熟卵~トリュフ塩ぱらり

https://cookpad.com/user_kondates/176403


パンはバンズじゃなくて、やっぱりソンプルサン。きょうは半分カットじゃなくて一個まるごと。

365日のソンプルサンって、大好き。粉と水が同割で、北海道産小麦「穂香」の粉の甘さが引き立っていて、もっちもち、表面は少しぱりっ!バターも乳製品も使ってないのにミルキー。で、365日のパンのキーワード「すっと噛みきれる」ヒキが弱いパンなのですよね。ベーグルっぽいカタチは、太さを不均一にしてあるから太いところはむっちむちで、細いところはちょっとカリカリっぽい。だから食べ飽きないのです。計算しつくされているのです。


自家製ジンジャーエールとソンプルサンとプルド ポークと野菜たっぷりのランチは、ウィークエンドに相応しいランチだったなと自画自賛。それにお花も大好きなお花たちを飾ることができたから、尚更嬉しくなった。

プリンセス・ダイアナ(クレマチス)、スタージャスミン、ウェディング・ドレス(紫陽花)、黒いビオラ、オレガノとミント。



入梅までのひと時。白い花と鮮やかな紅の花の共演の艶やかなことといったら!


なんて軽やかな季節。



クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください