B9ab3948e2827126298e7089f48e7b95
gingamom's cooking☆見る 思う 料理する☆

一月七日 遅ればせながらお正月。

2018/01/09 10:00 昼ごはん お酒・おつまみ テーブルウェア イベント

一月七日のお昼。遅ればせながら我が家でお正月パーティー。

9歳孫娘のリクエストに応えて、どうにか松の内にお正月の集いを開いた。次女たちは出席できなかったけれど、長女・三女ファミリー9人のパーティー。

故郷に帰ったときに土産物屋で珍しく夫が買った ”幸せます” を初めて使うのに相応しい日。小ぶりな升。”幸せます” というのは、幸いです、うれしく思います、助かります、ありがたいです、便利ですといった意味をもつ故郷の方言。”幸せますいねぇ” なんて、よく言うちょったねぇ。

毎年同じテーブルクロスとテーブルランナーに、四角いお膳、古伊万里皿、漆器を並べる。今年は鮪のお刺身用にロイヤルコペンハーゲンの小皿も重ねてセッティング。そこに各干支を飾ってみた。重なる干支もあるわけで、その場合は七福神を飾る。


グラスをどうしようかしらね。さほど派手さはないセッティングなので存在感のあるイッタラ Ultima Thule を使うことに決めた。


お昼。長女ファミリーがやってきた。私たちがお年玉を渡す前に「ばあば、こればあばへのお年玉。600円」と9歳がお年玉をくれた。夫へは6歳から。きゃ~っなんてサプライズ!自分たちがお手伝いで貯めたお金からくれたお年玉は私たちの宝物だわ。では料理を並べてお正月パーティー、始めましょうか。

みんなの好きな料理を作って、わいわいと楽しむ。メインは年末にいただいた鮪のお刺身三種類。孫s の大好きな黒豆ときんとん、イクラ醤油漬を重箱ではなくて、イッタラ マリボウルとカステヘルミボウルに盛る。北欧と和のコラボもいいものだ。

栗きんとんではなくて、今年は安納芋とシルクスイートのマッシュにはちみつとバター、牛乳少しで作ったきんとん。スイートポテトよりかなりさっぱりめ。ビーダンスの花を摘んできてねと9歳に頼んで、飾り付けも彼女に任せた。



紅白なますと菊花蕪は作らずに、三色なますを大根、金時人参、蕪で作ってからパープルのマリボウルに盛り付ける。



イクラはお正月と雛祭りのために、毎年秋に醤油漬にして冷凍しておく。たっくさん食べてね、まだまだあるからと言いながら勧める。あっ黒豆に金箔飾るのを忘れたわ・・・


まずは新しい家族が一人増えたこと~孫クンの誕生に乾杯!それから今年もよい年でありますようにと乾杯!

サーブ担当は9歳。昨夜作っておいたがめ煮(筑前煮)をテーブルに運ぶ。必ず料理の説明などを添えてくれる頼もしいサーブ担当!


昨年暮れのうちパで長女夫クン差し入れの ”雁木スパークリング” は「孫クンが生まれて退院して来た日にみんなで飲みましょう!」という長女夫クンの提案の祝い酒。ビールの後にいよいよいただく。


故郷では獺祭より人気の雁木。中でも雁木スパークリングは一押しの人気商品なのだそうだ。どれどれとみんなで味わう。わっ!すご~~~く美味!香りとほの甘さと発泡具合がたまらんよ。


手巻き寿司にできるようにと寿司飯を用意。ぱたぱた団扇であおぐのは孫sの役目。味見も6歳に任せる。せっかくのお祝いの席なので、新しい布巾をおろした。三井記念美術館で買った北齋漫畫の布巾。

簡単だけどみんなのお気に入りの料理を並べる。野菜もたくさん食べたいから、スプラウトまみれのブロッコリーを中鉢に盛り付けて供する。

孫s のためにマカロニサラダ。フジッリが足りなかったのでサラダスパゲッティも入れたら「いつもばあばが作ってくれるマカロニサラダと違った感じで、サラダスパゲッティがよく合っていたよ」と9歳評。

手巻き寿司に生ハム。9歳が好きなように盛り付けて、サーブ。

七草を意識して作った七草サラダを重箱に盛る。「お重盛りサラダです。ドレッシングをかけてどうぞ」と9歳がサーブ。”お重盛りサラダ” とは中々いいネーミングだね。

薄切り黒毛和牛の甘辛醤油バター炒め。粉山椒をぱらりと振って香りもご馳走。


今日のメニューの覚書~数の子 鮪お刺身 黒豆 きんとん イクラ醤油漬 三色なます 筑前煮 マカロニサラダ スプラウトまみれのブロッコリー お重盛りサラダ 焼き塩鮭ほぐし 黒毛和牛甘辛醤油バター炒め 

アボカドディップと卵焼きは作らず。

今回、冷凍鮪の解凍に大成功!ドリップ一切出ず!早朝6時に起きて解凍作業を始めた甲斐があったというもの。来年もこの解凍法に決まり!

ありゃりゃ?なにやってるんだ?見ると升にグラスを入れて、酒を注いでいる!


誰の提案かと聞くと9歳の提案だそうで「こぼすんだよ!」と6歳に指導中。どこで見たんだい?こりゃあいいね。大人大満足。それにしてもこぼしすぎだわ。「こんな居酒屋あったら行きたい」と男たち。


やっぱりみんなで集ってのご飯っていいね。今回は次女ファミリーは来れなかったけれど、またしようね。

9歳が並べたデザートをみんなでいただき、ルイボスティーでほっこり。


それから夕方になり、恒例の坊主めくりに盛り上がり、七時にお開き。お昼のパーティーっていいねとなり、これからはお昼にしようとなった。

少し飲みすぎたみたいで、呂律が怪しいぞ、夫よ。「ほんとうにお父さん嬉しかったんだろうね。かなり飲んでたね。こうやってみんなで集まれることを、大切にしなきゃね」と母になった三女がしみじみと言う。

そうだわね、と私も思う。次はいつだろうか?今度は全員集合といきたいものだ。孫クンのお食い初めかしらね?

お正月はいいものだ。ほんとにほんとにいいものだ。

☆Sonomi☆さん、最高のレシピ、ありがとうございました!



クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください