B9ab3948e2827126298e7089f48e7b95
gingamom's cooking☆見る 思う 料理する☆

珈琲焙煎生豆キットとケーキと工作ガール

2017/07/05 10:30 お菓子 テーブルウェア 子ども 趣味

人生初コーヒー生豆焙煎。ここまで趣味の世界も深化しましたかと驚いた。

フェリシモ 珈琲生豆焙煎キットをもらった。

世界のコーヒー豆50g入りが4種類、煎りパン、コーヒーの木や4種類のコーヒー豆の特徴や焙煎方法についての情報カードがセットになっている。

グァテマラ、ブラジル、タンザニア、パナマのコーヒー農園のコーヒー豆。

6月に2種類焙煎して味わい、残りは7月の初めに焙煎してみた。

焙煎し始めるとこれが中々面白い。煎りパンで生豆から煎るのではなくて、オーブンで少し煎ってから仕上げを煎りパンで焙煎するという方法にした。だって腕がさぁ、疲れるじゃない?

190℃のオーブンで10分加熱、時々パチッと弾ける音がして色づいたら(写真:左上)、ベランダで卓上コンロで焙煎(写真:右上)、煎りパンを絶えず上下左右にゆする。弾ける音が甲高くなって珈琲豆が中煎りから中深煎りの色になったら(写真:右下)急いでザルにあけ、振って冷ます。焙煎したての豆ってほんとに熱い!荒熱がとれたらチャフ(豆の外側の薄皮)を取り除き焙煎完了。(写真:左下)


それから一日置いて落ち着かせてから味わった。それぞれコーヒー豆カルテに記載されているような特徴のある味わい。

カルテに記載された通りのそれぞれのコーヒーの味わいで、さすがプロの文章表現力は違う。ほっほ~なるへそねと文章を読みながら味わう。

”パナマ ゴールデンビートル~爽やかな柑橘系、ほんのりとナッツ系の香りとやわらかい酸味、独特な甘みの味わい” といった風。

大学に入った年に初めて自分で買ったデミタスカップで、珈琲を味わってみた。


思い返せば、この頃が一番コーヒーに凝っていたね。買ってきたコーヒー豆をミルでゴリゴリ挽いて、ネルのドリップやサイフォンで淹れてみたり。余裕と好奇心にあふれていたし。当然ブラックコーヒーだし。

おうち焙煎コーヒーの味わいはというと、4種類それぞれ少しずつ香りや酸味、コクに個性もあるけれど、まろやか・コク・酸味・苦み・香り・甘みという項目の味の評価はさほど違いはないので、特に酸味が際立ったコーヒーとかはなかった。味わいをチョコレートに例えれば、ここ何年かで定着した感のある BEAN to BAR のチョコレートに似ている。

BEAN to BAR のチョコレートも、最近では明治から発売されているのだから(meiji THE Chocolate) 日本の企業の美味探究の姿勢は大したもんだ。



時代は過ぎゆき、最近のコーヒーショップ事情。代々木公園近く、人気ベーカリー365日の隣の "やなか珈琲店” ではいつも芳しいコーヒーの香りが漂い、注文焙煎もある模様。自家焙煎にこだわるお店も確実に増えてきている。

今回の結論。餅は餅屋。プロに任せたほうがいいのかも。なんじゃこりゃ?

だってね、毎日コーヒー豆と向き合っているプロにはかなわないでしょ。自分で焙煎すると焙煎むらだってあるわけで。と、カフェイン過敏症で最近やたら薬草茶には詳しいオバチャンは強く思ったのだった。



次。ケーキ。年に何回か長女が買ってきてくれる ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブションのケーキ。ケーキって、ほんとにみんなの顔をぱぁっとニコニコにさせちゃう。すごいね、ケーキのチカラ♡


孫娘たちと私のNo.1は写真左のイエローチョコがサイドに飾ってある ”ココナッツのエキゾチックムース”

http://www.robuchon.jp/laboutique

最後に孫娘のこと。8歳工作ガール、ただ今、折り紙の百合の花に夢中。


そういえば私も同じ年頃、折り紙で百合の花を折ることに夢中だったなと、は~る~か遙か遠い少女のころを思い出す。だけどもっぱら白百合ばっかり折って、割り箸に葉っぱも付けて、白百合の花束を作っていたっけね。地味・・・だった。

こんなにカラフルで、しかもイルカのカップルと虹をくっつける創造性はなかったわ。ウツクシイ物が溢れ、ネットで多くの情報に触れられる世代だからこそ。


8歳工作ガール ギター抱えてベランダライブ ☼ 2017 SUMMER ☼


シンガーソングライター8歳。空き箱と輪ゴムで作ったギターかき鳴らして、青春へ続く道→青春へと ONE WAY↝ばく進中。イェイ!

(写真:上真ん中はホノルルの信号)


クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください